丸亀市綾歌町では、恵まれた自然環境や立地特性を生かして、産業が発展してきました。
米麦を中心に、野菜では、レタス、アスパラガス、ニンニク、花きでは、菊、果樹では、ハッサク、桃そして肉用牛など多品目にわたっています。
土地利用型産業の中心となる、水田は中讃地域ではいち早くほ場整備が進み、その4分の1が整備され、農業機械等の効率利用や農地流動化による規模拡大など、作業性の向上が図られています。
また、多様化する消費者ニーズに対応して高品質化、高付加価値に努めてきた園芸部門では、施設型と土地利用型を組み合わせて産地の育成、定着化を目指しています。とくに、春になると一面ピンクに染まる天満山の桃や大原のハッサク、そして県下屈指の産地として、菊の生産が盛んです。協業経営で生産力向上を目指す栗熊ガーデンなど、内外にその名が知れた産地も多数存在しています。

画像:菊

画像:ハウス栽培の菊(栗熊ガーデン)
ハウス栽培の菊(栗熊ガーデン)

動画を見る

ページ上に戻る