熱中症予防

最終更新日: 2017年7月31日

 
 
 熱中症予防のために  
 
 
 暑さが厳しくなり、毎年熱中症にかかる方が多くなる時期です。熱中症は、屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。
 熱中症について正しい知識を身につけ体調の変化に気をつけて、この夏を健康に過ごしましょう
 
 暑さを避ける
 
 室内では遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用する、外出時には日傘や帽子を着用する
 
 こまめに水分を補給する
 
 室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分を補給する
 
 熱中症が疑われる人を見かけたら

 ・エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難
させる
 ・衣服をゆるめ、体を冷やす(特に、首の回り、脇の下、足の付け根など)
 ・水分・塩分、経口補水液※などを補給する
 
 
 ※詳しくはこちら→  熱中症予防リーフレット(PDF:788KB)
 

情報発信元
健康課
TEL:0877-24-8806
FAX:0877-24-8830
EMAIL:kenko-k@city.marugame.lg.jp

前後の情報

ページ上に戻る